コラーゲンを効率よく吸収するためにはアミノ酸が欠かせない!

purupuru

 

すっぽん小町を飲んで実感した効果として多いものは、美肌効果、夜の寝つきが良くなった、疲れにくくなったなど様々ですが、そうした効果は「すっぽん」によるものだと漠然と捉えている人が多いかもしれません。

 

もちろん、「すっぽんの効果」であることに変わりはないのですが、その成分を詳しくみてみると、それはすっぽんに含まれる「コラーゲン」と「アミノ酸」の働きによるものだということが分かります。

 

すっぽん小町は「ぷるぷるコラーゲン」などという宣伝タイトルの影響もあってか「コラーゲンサプリ」と分類されることもあるようです。

 

加齢とともに減少していくコラーゲンを補うすっぽん小町は、美容効果の高いサプリとして人気があります。

 

コラーゲンは摂取したらそのままコラーゲンとして吸収される訳ではなく、一度分解されてから体に吸収されていきます。

 

その分解→吸収に大きな役割を果たすのがアミノ酸です。

 

つまりは効率よくコラーゲンを摂取するためには、同時に良質のアミノ酸もたっぷりと摂取する必要があるのです。

 

すっぽん小町にはアミノ酸が豊富に含まれていることを理解しておこう

 

すっぽんはコラーゲンとアミノ酸の両方をバランスよく含む食材のため、分類としては「コラーゲンサプリ」でもあり「アミノ酸サプリ」の両方にまたがっているような位置づけとなっています。

 

アミノ酸とはタンパク質を作り出す最小単位の成分です。

 

このアミノ酸は体の中で作り出すことができる「非必須アミノ酸」と、体内で合成することができない「必須アミノ酸」に分かれますが、特に「必須アミノ酸」は不足しないように食品などから摂取する必要があります。

 

ただ現代の食生活でこの必須アミノ酸を満足に摂取することはなかなか難しいため、様々なサプリが開発・販売されています。

 

「アミノOO」というネーミングのものであればすぐにアミノ酸サプリだと分かりますが、すっぽん小町のように、アミノ酸が豊富に含まれているものの、アミノ酸が前面に出ていない商品は、実際にはアミノ酸が豊富に含まれているということがなかなか理解されにくいかもしれません。

 

ネット通販では本当に良い商品しか売れない?その理由とは?!

 

すっぽん小町を販売するていねい通販は洗顔料から化粧水、ファンデーションなど様々な女性用コスメを販売しています。

 

またサプリメントもすっぽん小町だけではなく、鉄分やビタミンC、カルシウム、ブルーベリーなどの各種サプリ、食品部門では出汁なども扱っています。

 

ていねい通販のおススメ商品ランキングの第1位はもちろん「すっぽん小町」、その後には2位「高麗美人」、3位「すっぴんべっぴん黒せっけん」と続きます。

 

すっぽん小町はていねい通販の数多くの商品ラインナップの1つに過ぎませんが、発売以来みるみる内に爆発的なヒット商品となり、今やていねい通販のシンボル的存在となっています。

 

名実ともにていねい通販の商品ラインナップNo.1の座に君臨するすっぽん小町をその位置までに押し上げたのは、戦略的なセールスのお陰もあるかもしれませんが、結局はその確かな効果でしょう。

 

戦略的なセールスというのは、例えば著名な芸能人による宣伝や徹底したネット広告の利用などです。

 

ただ、こうした宣伝とは商品を買うきっかけ作りにすぎません。

 

実際に購入するかどうか、またいったん購入した後、それを継続するかどうかは商品の質が問われます。

 

ネット社会の厳しいところは、良ければ良いなりに、悪ければ悪いなりに徹底的に評価されてしまうということです。

 

家にいながらにして詳細な商品情報を手に入れられることは消費者の立場からすると便利で嬉しいことですが、生産者、販売者からするとこれほど恐ろしいことはないでしょう。

 

ネット販売では本当に良い商品しか生き残っていかれないのです。

 

 

 

TOPページでは、『すっぽん小町』について紹介しています。すっぽん小町の口コミ・効果・レビュー・効果的な飲み方・販売店比較・お得な購入方法などの情報を掲載しています。購入前の不安や疑問などに少しでもお役に立てればと思います。

すっぽん小町の効果記事一覧

すっぽん小町は1600万袋以上も売り上げているヒット商品ですので、口コミ数もたくさんあるのですが、なかでも多いのがこの3つです!肌の調子が良くなったこと。具体的には「肌が乾燥しなくなってきた!」「肌にハリツヤが出てきた!」「化粧のノリが良くなった!」など女性にとってなんとも嬉しい効果を感じている人が多くいます。疲れにくくなった。(疲労感の減少。)「朝スッキリと起きられる!」「疲れが残らなくなった!...

すっぽん小町の口コミなどで「体重が減った」「痩せた」というものを見かけることがあります。もしかしたらすっぽん小町で痩せることができる?と期待している人もいるかもしれません。しかしすっぽん小町はダイエットサプリではありません。なので痩せることができた人は、たまたま飲み始めたタイミングと何らかの理由で痩せることができた時期が重なっていたとも考えられます。逆に、すっぽん小町を飲んだら太ってしまったという...

日本は春夏秋冬の四季によって気温や湿度もガラリと変わります。日本人の繊細な感覚や情緒豊かな文化は四季と深く結びついています。しかし、日本の女性の多くがこの四季によって体調を崩したり肌荒れに悩んだりしているという側面もあります。春は花粉や黄砂、梅雨はジメジメとした湿気、夏は紫外線、秋冬は乾燥など、お肌は1年を通じて過酷な環境にさらされています。特に秋から冬にかけての乾燥はお肌にとって大敵です。普段特...

最近では敏感肌に悩む女性が増えています。一説によると70%以上の女性が、ちょっとした刺激でお肌が荒れてしまったり、ヒリヒリしたりする症状に悩まされているとか。敏感肌の主な原因は乾燥によるお肌のバリア機能の低下です。生まれ持った体質もありますが、スキンケア方法や食事内容など後天的な要素から敏感肌になる場合もあります。最近では敏感肌用の化粧品もたくさん売られていますので、自分のお肌に合ったものを上手に...

私たちの体は、水分が約6割、残りがタンパク質などのアミノ酸でできています。タンパク質は、筋肉や骨、内臓、血液など人の体を構成する重要な成分です。つまりアミノ酸は、私たちの命の源ともいえるのです。アミノ酸は、1806年フランスでアスパラガスの芽から発見されたことを発端とし、その後研究が重ねられ1935年までにタンパク質を構成する全てのアミノ酸が発見されました。地球上には、約500種類のアミノ酸が存在...

イライラの原因には様々な要因が重なりあっていることが多く、何か1つに絞りきれるものではありません。しかし女性の場合、ホルモンバランスの乱れが1番大きな要因となっていることが多いようです。毎月生理前になるとなぜか無性にイライラしてしまう、といった症状はこの典型的な例といえます。逆に言えば、ホルモンバランスの乱れを穏やかにすることができれば、イライラも抑えやすくなります。すっぽん小町に含まれているアル...

最近は店舗などでも子供用のサプリメントを見かけるようになってきました。サプリメントという呼び名ではなくても、カルシウムやビタミンなどが配合されているドリンクやお菓子などもたくさん販売されています。「子供にサプリメントを飲ませる」と聞くと少し抵抗を感じてしまう人でも、「カルシウム配合のビスケット」と聞くと、むしろ積極的に食べさせたいと思ったりするのではないでしょうか。サプリ大国のアメリカでは子供用の...

人間の体は約60%が水分、そして約20%がタンパク質、さらに約15%の脂肪などから成り立っています。水分とタンパク質で全体の約8割を占めていることからも分かるように、タンパク質は体の根幹を成す特に重要な成分です。人の全体重の約20%の割合を占めるタンパク質は、その約30%がコラーゲンから成り立っています。コラーゲンとは体全体に均等に存在しているのではなく、その約40%が皮膚に含まれています。また「...

いくつになっても若々しくて美しい人、まだ若いのになぜか老けて見えてしまう人…その違いはどこからくるのでしょうか?「若さ」の定義の仕方にもよりますが、特にある程度年齢を重ねた女性の若々しさとは、実はとても奥の深い複雑なものなのです。お肌が綺麗、トレンドをしっかりおさえたファッションなど分かりやすい尺度もありますが、その他にも姿勢、歩き方、全体的な所作、メイク、ヘアスタイル、そして内側から滲み出るツヤ...

すっぽん小町には、EPAやDHAなどの脂肪酸もたっぷりと含まれています。EPAとDHAは、青魚などに含まれる成分としてセットで語られることが多い栄養素ですが、実はそれぞれの働きや効果は少し異なっています。EPAは、1960年代から研究が重ねられ、現代ではほぼ純濃度100%の医薬品の開発まで到達しており、人が摂取するとどのような効果があるかということがはっきりわかっている成分です。一方のDHAは、濃...

人間の体の細胞と細胞の間には、間質液という水分が存在しています。この間質液は、毛細血管から滲み出た水分で、通常はこの水分量は一定にコントロールされています。しかし、何らかの原因でバランスが崩れ水分が過剰に皮下組織に溜まってしまうことがあります。このような症状を「むくみ」と言います。むくみの原因には様々なものがありますが、主なものとして「塩分の摂り過ぎ」「食生活の乱れ」「運動不足」などが挙げられます...

自律神経とは、私たちの様々な体の機能を24時間コントロールしている神経です。循環器、消化器、呼吸器など色々な器官がこの自律神経によって調整されています。自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。日中は交感神経、夜には副交感神経が活発になり、この2つの神経が交代しながら体をコントロールすることで健康的な生活が送れるのです。このバランスが崩れると体の色々な機能がうまく働かなくなります。...

妊娠や出産をきっかけに女性の体のホルモンのバランスは大きく変化します。胎児の成長や出産、そして授乳期間と次々とステージが変わり、その度に体は大きなシフトチェンジを余儀なくされます。妊娠から出産に至るまでの期間も大切ですが、それと同じくらい重要なのが産後です。一般的に出産後6〜8週間は産褥期といい、妊娠や分娩によって大きな負担がかかった体を回復させるための期間とされています。ここでしっかりと体を休め...

鉄分不足の代表的な症状は貧血ですが、貧血は男性より女性の方がなりやすい傾向にあります。その理由は、女性は男性よりも鉄分が不足しやすいからです。貧血とは血液中の鉄分が不足しているサインです。血液とは体中に酸素を運搬する役目を果たしていますが、その血液のヘモグロビンの主要な成分の一つが鉄分です。つまり、鉄分が不足すると血液が薄くなり体内に酸素が上手く運搬できなくなってしまうのです。鉄分が不足する主な理...

女性であれば誰でも1度は通ると言われる更年期。初潮を迎えた時、これがいつか終わる日が来るなんて想像もできなかったはずです。しかし、女性の体とは年齢に応じたステージがあり、本人の意思や希望などお構いなしに自然の摂理に沿って変化していくものなのです。日本人女性の閉経平均年齢は約50歳です。その前後数年間を更年期と言いホルモンバランスが不安定になることによって起こる様々な不快な症状のことを更年期障害と呼...

夜寝たくても眠れない、眠りが浅くすぐに目が覚めてしまうといった不眠症の辛さはなった人でないとなかなか分からないと言われます。1日に2〜3時間しか眠れないような状態がずっと続くと身心ともに疲れが蓄積してしまい、まともな日常生活が送れないほど疲労困憊してしまいます。なぜなら、人間は夜眠っている間に脳や体の疲れを回復させ、翌日に気持ち良く元気に過ごせるように準備をしているからです。夜眠れないということは...

厚生労働省やWHOでも母乳育児を推奨しているように、母乳は赤ちゃんにたっぷりの栄養と愛情を与え、親子の絆を深める役割を果たしています。母乳が十分出るかどうかは新米ママの最大の関心事とも言えるほどです。母乳の出が余り良くない人は赤ちゃんが栄養不足にならないか心配だったり、母親として失格なのではないかと落ち込んだりしてしまいがちですね。母乳は赤ちゃんに乳首を吸わせることで脳に刺激を与えることが大切です...

個人差はありますが、一般的に男性の方が身体能力が高く体力があります。女性は男性より疲れやすい傾向がありますが、その理由の一つにはこのような体力的なハンデがあげられます。またもう一つ女性ならではの疲れやすさの理由として、女性ホルモンの働きも大きく関係しています。女性は生理のサイクルにより「高温期」「低温期」と体温が変動しますが、体温の変化も疲れやすさと深く関わっています。生理が近くなるとイライラした...

葉酸とは代謝に関わりの深い水溶性のビタミンB群の一種です。タンパク質や核酸の合成に欠かせない栄養素で、細胞の代謝に深く関わっています。核酸とは遺伝子情報を保存、伝達するいわば生命の根幹部分です。妊娠初期に葉酸が欠かせないと言われるのは、この時期に赤ちゃんの様々な細胞が作られるからです。葉酸は赤血球を作り出すために必要な造血ビタミンとしても欠かせない成分です。最近の研究では血液中のコレステロール値の...

貧血とは体内の鉄分が不足することで起きる症状です。貧血かどうかは血液検査で「赤血球数」「ヘモグロビン」「ヘマトクリット」の3つの値を調べることで判断します。特に重要なのはヘモグロビン値です。ヘモグロビンは赤色色素とも呼ばれるように、赤血球のうちの赤い色素です。ヘモグロビンは酸素と結合する性質があるため、酸素を全身に運ぶ役割を果たす重要な成分です。貧血検査では血液100mlの中にヘモグロビンがどのく...

今やブームを通り越して、すっかり定着したオールインワンゲル。"All in One"の名の通り1つのアイテムに全てが入っていることが特徴です。化粧水、美容液、乳液、保湿クリーム等、スキンケアの細々したステップが、それ1つで全て済んでしまうという手軽さが特に30〜40代の忙しい女性に人気です。英語表記の"Gel"は、ドイツ語だと「ゲル」英語だと「ジェル」と読みます。単なる読み方の違いとして特に区別を...